バックナンバー
spotlights.jp DVD amazon

FESTIVAL UPDATE

映画祭アップデート情報



SSF2012 も「プレビュー・メンバー」を募集します。(締切ました)

SAPPOROショートフェスト実行委員会は、
第7回札幌国際短編映画祭に応募される作品のプレビュー作業を行う
「プレビュー・メンバー」を今年も公募いたします。


「プレビュー・メンバー」は応募作品を視聴し、どんな作品であるかを確認、
内容をタグ付けして2次選考の参考となるようなコメントを入力してもらいます。
この作業はオフィシャル・セレクションを選出する過程で重要な作業です。


今回の公募では5名ほどを募集。
事務局が個別に面接し、「プレビュー・メンバー」を決定いたします。



さて、「プレビュー・メンバー」を募集するのはいいとして、
いったいぜんたい、「プレビュー・メンバー」に参加するってどんな感じ?と
疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。


そこで、2011年に参加したメンバーからの感想を紹介します。


限られた期間内に短編とはいえ、映画を100本程度見る作業は
時間も取られますし、それなりに(!)大変ですが、
実際に参加した方の感想を通して
楽しさ、やりがいなどが皆さまにも伝われば幸いです。


===

【2011年にプレビュー・メンバーに参加した方からの声】


プレビューに一般公募があることで、まったくの観客だった自分が
多少なりとも映画の選考に関わることができ、広く市民に開かれた
映画祭だと実感できました。
 
毎年単純に映画祭を楽しんでいたのですが、
上映作品が応募作全体の5パーセント程度と知って、
「もしかしたら、映画としての体裁が整ってないばかりに、
私好みの作品が埋もれてるのかも」などと思うようになっていました。
映画祭のリピーターの中には同じことを考えている人が多いのではないでしょうか。
そうした素朴な気持ちをプレビュー作業は大いに満たしてくれました。


すばらしい作品を初見したときの感動。
そしてその作品が上映された時の観客の反応を肌で感じる映画祭。
両方体験できたのは本当に良かったです。


「プレビュー・メンバー」になると、映画祭で紹介しきれない、
珠玉作や実験作の数々に接することができます。
どんな作品に出会えるかは、実際に見てみるまで分かりません。
そのプレビューを一つ一つ書くことは
慣れるまでちょっと苦戦するかもしれませんが、
確実に自分の鑑賞体験を深化させてくれます。
頑張って時間と気力を確保できるなら、とても貴重な経験になるはず。
映像ファンにはお勧めです。


===


いかがでしょうか?
興味を持った方はぜひ以下の内容もご覧くださいませ。


<応募資格>
・札幌市または札幌近郊に在住の20歳以上の方
・映画が好きで、映画の知識が多少ある方
・応募作品には日本語字幕が付いていないため、英語(会話・字幕)で作品を鑑賞できる語学力のある方
・プレビューはオンラインで視聴していただくため、ネット環境があり、パソコンが使える方
・Webやカタログなどでプレビュー・メンバー紹介する際、お名前や顔写真の掲載に同意していただける方
・2月から4月末まで(予定)の期間内に100本以上の作品を視聴できる方


<作品プレビューにあたっての着眼点>
シナリオ、演出/役者/音、音楽/カメラ、撮影/新しさ、独創性
上記の着眼点で作品を視聴、鑑賞していただきます。


<報酬>
100本以上の作品をプレビューをした方には映画祭のVIP回数券を進呈します。


<募集期間>
2012年3月24日まで。
専用の応募フォームに必要情報を記入して希望の面接を選択してください。
映画祭事務局より面接日時をお知らせいたします。


<面接場所>
映画祭 事務局(札幌市豊平区豊平1条12丁目1−12インタークロスクリエイティブセンター
最寄り駅:地下鉄東西線東札幌駅 (東札幌駅から徒歩10分ほど)


<面接予定日>
1) 2月18日(土) 14:00~
2) 2月25日(土) 14:00~
3) 3月3日(土) 14:00~
4) 3月10日(土) 14:00~
5) 3月17日(土) 14:00~
6) 3月24日(土) 14:00~


毎週土曜日14:00〜から予定しております。

(2012年3月21日追記:募集は締め切らせていただきました。
たくさんのご応募ありがとうございます。)

皆さまのご応募お待ちしております。