バックナンバー
spotlights.jp DVD amazon

FESTIVAL UPDATE

映画祭アップデート情報「Japanese」カテゴリ記事一覧







お待たせいたしました。
第6回札幌国際短編映画祭の前売チケットの販売はいよいよ明日開始です。

今年のWEBページのリニューアルは週明けになりそうなので、
まずはこちらでチケット情報をまとめてお知らせします。

Read More ≫




第6回札幌国際短編映画祭:SAPPOROショートフェスト2011のコンペ入賞作とオフシアターのオフィシャルセレクションを発表いたします。

本年度は88ヵ国の国と地域から2,291作品の応募がありました。映画祭実行委員 選考委員会、公募された市民プレビュー委員により、募集締め切りから約3ヶ月を掛けてコンペティション対象作品を選出しました。

入選作はフィルムメーカー部門: 4名、作品部門58作品。また、北海道コンペティションとして北海道内制作の4作品を選出。その他に、アウト・オブ・コンペティションのジャパン・オフ・シアター対象作43作品を発表します。

さらに応募作の中から、選考の過程で特に優秀と思われる作品を選考委員会推薦作<フェスティバル・フェイバリッツ>として200本を同時に発表いたします。
(日本制作作品を除く、作品部門応募作対象。)


インターナショナル・コンペティション
フィルムメーカー部門: 4名

作品部門: 58作品
・インターナショナル・プログラム A から F : 35 作品 + ファミリー&チルドレン : 12作品
・ナショナル・プログラム A & B: 11 作品

北海道コンペティション:北海道セレクション: 4作品


アウト・オブ・コンペティション
ジャパン・オフ・シアター:43作品


SSF2011 オフィシャル・セレクション:日本語版 PDF

SSF2011 オフィシャル・セレクション:英語版 PDF

SSF2011 選考委員会推薦作:フェスティバル・フェイバリッツ PDF


入選作品についてのお問い合わせは映画祭事務局までお願いします。





公募は3月5日をもって締め切らせていただきました。また来年も募集予定です。ありがとうございました。2011年度は3名参加していただくことになりました。

SAPPOROショートフェスト実行委員会事務局は、第6回札幌国際短編映画祭の応募作品のプレビュー作業を行う「プレビュー・メンバ」ーを広く市民の皆さまにも行ってもらうため5名程度募集いたします。


これまでは、実行委員会を中心に応募作品をプレビュー視聴し、最終的なコンペティション対象作品と特別上映作品など、映画祭で上映される作品を「オフィシャル・セレクション」として選出してきました。2011年は1次審査にあたるプレビュー視聴と作品の関連情報のリサーチをする「プレビュー・メンバー」を公募します。


「プレビュー・メンバー」は応募作品をプレビュー視聴して作品の内容を確認、内容をタグ付けして2次選考の参考となるようなコメントを入力していきます。オフィシャル・セレクションを選出する過程で重要な作業です。今回の公募では約5名程度を募集。事務局が個別に面接し、「プレビュー・メンバー」を決定いたします。


募集要項:PDF

<応募資格>
・札幌市または札幌近郊に在住の20歳以上の方
・映画が好きで、映画の知識が多少ある方
・応募作品には日本語字幕が付いていないため、英話(会話・字幕)で作品を鑑賞できる語学力のある方
・プレビューはオンラインで視聴してもらいますので、ネット環境があり、パソコンが使える方
・Webやカタログなどでプレビュー・メンバー紹介する際、お名前や顔写真の掲載に同意していただける方
・3月から4月末まで(予定)のプレビュー期間に100本以上の作品をプレビュー視聴できる方


◎重要
100本の作品を視聴するには最大約50時間が必要です。(30分×100本=3000分)
平均的な作品の上映時間は15分程度ですが、視聴とコメント入力などにはある程度時間がかかりますので事前にご理解下さい。


<作品プレビューにあたっての着眼点>
シナリオ、演出/役者/音楽/撮影/新しさ、独創性などの着眼点で作品をプレビュー視聴、鑑賞していただきます。また、映画祭規程の項目を入力していただきます。


<報酬>
100本以上のプレビューをした方には映画祭のフリーパスを発行いたします。


<募集期間>
1月15日から、2月20日まで。→【期間延長】3月5日まで!
専用の応募フォームに必要情報を記入して希望の面接を選択してください。映画祭事務局より面接日時をお知らせいたします。


<面接場所>
映画祭事務局(札幌市豊平区豊平1条12丁目1−12インタークロスクリエイティブセンター)


<面接日>
1月29日(土)午後〜、/2月17日(木)18:00〜、/2月19日(土)午後〜

2月24日(木)18:00〜、/2月26日(土)午後〜、


2月26日以降は3月5日が面接日、それ以降は10日まで随時面接希望日を受け付けます。


面接時間は特に指定できませんが、こちらが指定する時間帯に面接できなければ、その旨お知らせください。


SSF2011 作品プレビューメンバー募集申し込みページ
http://bit.ly/eKrv0T




2011年1月15日より映画祭マーケットサイト『Spotrights.jp スポットライツ』にて、第6回札幌国際短編映画祭、インターナショナル・コンペティションへの作品応募を受け付けます。スポットライツのアカウントを持っていない場合は、映画祭への応募が出来ませんので下記のリンクからアカウント登録を行って下さい。


SSF2011募集要項:PDF

募集案内フライヤーPDFダウンロード


スポットライツのアカウント登録『Filmmaker / Distributor用』
simple_reg_banner_2011_700pix.jpg


アカウント登録後、メールにてパスワードが送られてきますので、メールアドレスとパスワードでSpotrights.jp スポットライツにログインしてください。ログイン後は、応募作品をスポットライツに登録。登録後に映画祭の各部門へ応募出来るようになります。

spt_login_window_jp.gif

応募にあたっては以下の作品情報が必要ですので特に注意してください。


映画祭へ応募するために特に重要な作品情報


1:作品タイトルを日英で用意してください。


2:作品画像を用意してください。プレス用の写真。横幅900 ピクセル以上


3:監督の顔写真を用意してください。横幅900 ピクセル以上


4:作品の短いあらすじを日英で用意してください。日本語:50字以内、英語:20ワード以内


======================================

Read More ≫




SSF 2011への作品募集は2011年1月15日(土)からを予定しております。

第6回札幌国際短編映画祭(SSF2011)はいまのところ、2011年10月5日から10日までの6日間の開催が、予定されておりますが、正式な開催日程は2011年の春に決定される予定です。

SSF2011への応募は、映画祭のマーケットサイトのSpotright.jpでアカウント作り、作品を登録してから映画祭の2部門<作品部門><フィルムメーカー部門>へ応募してください。


【SSF2011 応募作品募集】
応募期間:<海外作品>1月15日から3月15日まで。<日本作品>1月15日から3月31日まで。
30分以下の短編作品で2010年1月以降に制作、完成した作品(フィルムメーカー部門は不問)。ジャンルは問わない。


詳細は1月10日頃から公開予定です。


映画祭事務局




SAPPOROショートフェスト実行委員会事務局は本年度の第5回札幌国際短編映画祭

(SAPPOROショートフェスト2010)の来場者数を下記の通り発表いたします。





  • 映画祭来場者数:1,1786名
(メイン会場、オールナイト上映会場、各種イベント・ワークショップなどを含む)


  • トータル参加動員数:13,157名
(本祭前告知イベント、北海道立近代美術館における上映を含む)


※昨年のトータル参加動員数は11,895人。前年比約110.6

※来場者数は昨年より本開催が1日多いいため、前年比(日数案分)106





北海道立近代美術館で行われる、映像フェスティバル2010のSAPPOROショートフェスト・ベスト・コレクションでも、今年の受賞作を集めた<アワードプレミアムA>と<アワードプレミアムB>の上映を行います。


15日午後1時から<アワードプレミアムA>
16日午後1時から<アワードプレミアムB>を上映。


15日には第13回文化庁メディア芸術祭の受賞作品を集めたプログラムを上映いたします。


<アワードプレミアムA>awardpremia_A_kinbi.pdf
<アワードプレミアムB>awardpremia_B_kinbi.pdf




スペイン・ショート上映作品変更についてのお詫び


このたびスペイン・バルセロナの短編映画祭Mecalより、プログラム上映について打診があり、本映画祭(SAPPOROショートフェスト)で上映することになりました。
映画祭開催直前に、上映素材が届きましたが、事前に合意した作品リストと実際に送られてきた内容が大幅に異なりました。事務局では再度素材を要求したのですが、再び同じ内容の素材しか期日までに届きませんでした。

そのため、スペイン・ショートというスペインの秀作を紹介するプログラムでしたので、映画祭に応募がありましたスペインの作品を追加、新たにプログラムを編成しました。

本来であれば事前に告知すべきところでございましたが、告知のいとまがなく上映に至った事については誠に申し訳ございませんでした。また、R指定としたプログラムとして告知してあった作品が含まれていた事については、事前に周知出来なかった事を深くお詫びいたします。


2010年10月7日


SAPPOROショートフェスト映画祭 事務局


再編成後の上映作品は下記の5作品となっております。

Sofia / Álvaro Pastor
The blind spot / Alex Montoya, Raúl Navarro
24 instants / Daniel Chamorro
以上が予定されていた作品に2作品を追加。
DIRTY MARTINI / Iban Del Campo(Midnight プログラム)
BEFORE YOUR EYES / Aaron J. Melian(I-Aプログラム)




Abed~二十歳の恋は10月7日午後4時にイベントスペースEDiTにて再上映が決定いたしました。
上映は同じく無料になります。