バックナンバー
iPhone App spotlights.jp DVD amazon

FESTIVAL UPDATE

映画祭アップデート情報「Press Release」カテゴリ記事一覧




報道関係者各位


No Maps実行委員会は第11回札幌国際短編映画祭(2016年10月10日(日)から16日まで)のインターナショナルコンペティション応募総数と応募国数をお知らせいたします。また、国際審査員3名が決定したしました。

インターナショナル・コンペティション応募総数
世界101の国と地域から3,548作品の応募がありました。そのうち、国内からの応募は252作品、北海道からは44本が応募され、アジアの諸国(日本を含む)からは787作品が応募されました。近日中に入選作品とアウトオブコンペティションのオフィシャルセレクションを発表予定です。

今年はリヒテンシュタインとトーゴから初めての応募がありました。応募国は2006年から2016年までに147の国と地域からの応募があり、応募総数は累計で31,503作品。映画祭の総参加者数も累計で128,704名となりました。

国際審査員3名決定
毎年、5名の方に国際審査員をお願いしておりますが、審査員3名が決定しましたのでお知らせいたします。

2016_jury_PauleDriessen.jpg
ポール・ドリエセン(オランダ)
アニメーション作家
美術大学を卒業後、アムステルダム近くのアニメーションスタジオでキャリアをスタートさせる。1967年にビートルズの『イエロー・サブマリン』の制作に参加。1970年にはカナダに移住しNFB(カナダ国立映画制作庁|National Film Board of Canada)とオランダでアニメーションの制作を続ける。2000年に『3 MISSES』(3人のおとめ、オランダ制作)でアカデミー賞にノミネートされた。現在はフランス在住で2016年夏に公開予定の新しいプロジェクトに関わっている。
http://pdriessen.com


2016_jury_TakeshiHamada.jpg
浜田 毅(はまだ たけし、日本)
撮影監督
1951年北海道生まれ。大蔵映画、国際放映、三船プロを経て、1985年『生きているうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言』(森﨑東監督)でデビュー。数々の作品を手掛け、1993年『僕らはみんな生きている』(滝田洋二郎監督)では日本アカデミー賞、毎日映画コンクール両賞の撮影賞を受賞。2009年『おくりびと』で日本アカデミー賞最優秀撮影賞受賞。2014年秋の紫綬褒章受章。


2016_jury_ShaneWalter.jpg
シェーン・RJ・ウォルター(イギリス)
onedotzero (ワンドットゼロ) 創設者、クリエイティブ・ディレクター
25年にわたりデジタル領域のクリエイティブ・ディレクター、デザイナー、キュレーター、コミッショナー、ライターとして多分野で活躍。15年以上かけて世界の150都市以上をツアーしたインターナショナル・ムービング・イメージ・フェスティバル:onedotzeroを立ち上げる。20周年となるonedotozeroはカルチャーとクリエイティブのエージェンシーとしてデジタル・カルチャーの最前線に位置しています。
http://onedotzero.com




NoMaps_and_SSF_Poster700.jpg
 札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト)は、2016年10月10日(月・祝)から10月16日(日)までの7日間、札幌市にて開催することとなりました。2006年から始まり11回目を迎えるSAPPOROショートフェストは皆様に支えられ、若い才能を国内外に紹介する映画祭として注目を集めてきました。
これもひとえに皆様の御協力・御支援のお陰と感謝いたします。


 今年は10年を経て映画祭が更なる発展を模索する新たなスタートとして、音楽とインタラクティブ(ITテクノロジー等)を加えた総合的なクリエティブ・コンテンツの国祭コンベンション『No Maps(ノーマップス)』のFilm部門としてさらなる展開を遂げたいと思います。ショートフィルムの持つ可能性は音楽や新しいメディアとの融合であり、創造都市ネットワークの札幌市の位置づけである『メディア・アート』都市としてのポジションも確立していきます。
 

 この『No Maps』を通じて国内外のコンテンツ産業の発展や、アジア最大規模となるショートフィルムマーケットの創設による産業化の促進を図るほか、映像教育と人材の層の拡大、商店街や市民の連携による地域活性化など、札幌や北海道を通じ日本と世界中の人々の間で交流が生まれることを願っております。

 これまで10回の映画祭を主催してきましたSAPPOROショートフェスト実行委員会は6月末で解散となり、第11回札幌国際短編映画祭はNo Maps実行委員会が主催することとなります。なお、札幌国際短編映画祭についての情報はNo MapsのHPとともに、これまでどおりこちらの公式HPで情報を公開して行く予定です。
今後とも引き続き宜しくお願いいたします。

NoMaps_HP_700.jpg
No Maps 公式HP
http://no-maps.jp
No Maps 2016 事業説明会 プレスリリース




SSF_logo_National_tour.jpg

SAPPOROショートフェスト実行員会は第10回札幌国際短編映画祭のアワード受賞作品を徳島国際短編映画祭で上映いたします。今回が初開催となる同映画祭は、『札幌国際短編映画祭』と連携し、国内外の短編映画(SAPPOROショートフェスト・アワードプログラム他)や徳島出身の映画監督の作品、4K映像などを上映。総合ディレクターは大河ドラマ『功名が辻』『八重の桜』のオープニング映像を手掛けた映像作家・菱川勢一氏が担当、『映画をつくるための映画祭』をキャッチフレーズとしている。

徳島国際短編映画祭
開催日:平成28年3月18日(金)~20日(日)
場所:あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)等
入場:無料

徳島国際短編映画祭 HP

3月20日には、上映作品『桜谷小学校、最後の174日』にゲスト出演している、徳島出身のチャットモンチーが来場する。

Tokushima_isff_700.jpg

Read More ≫




SAPPOROショートフェスト実行委員会 実行委員長 山岸正美、(同)プロデューサー 久保俊哉は2016年度開催予定の第11回札幌国際短編映画祭開催に関わる、新しい事業概要の説明を12月14日(月)、北海道経済記者クラブ内(札幌市中央区北1条西2丁目 経済センタービル内)にて記者発表を行いました。

第11回札幌国際短編映画祭開催については2016年10月10日(月・祝)から16日(日)の開催を予定しております。

詳しくは下記のサイトよりプレスキットをDLしてください。

No Maps ティザーサイト http://no-maps.jp

no-maps_topimg.jpg




SSF2015の北海道セレクションで上映された、ジャスティン・アンブロシーノ監督作品「ハングリー・フォー・ラブ」が今年の審査員のダイアン・ペルネ主催ファッション映画祭:ASVOFF(A SHADED VIEW ON FASHION FILM)でグランプリを受賞しました。

Justin_on_fb.jpg

「ハングリー・フォー・ラブ」は監督が札幌のアートNPO、エスエア(S-AIR)のレジデンス・プログラムで2012年の「ICC+S-AIR 2012 -FRONTIER- (平成24年度文化庁文化芸術の海外発信拠点形成事業)」事業で招へいされ、滞在制作した作品。撮影後、数年掛けて編集し2015年に完成させた。低予算で制作された本作はプロの俳優を使わず札幌市内を中心に撮影された。
現在は、短編映画のテーマを元にニューヨーク、ブルックリンとマンハッタンを舞台に同じタイトルの長編映画の制作を進め、クラウドファンディングを利用した資金集めを成功させ撮影を続けている。
長編版:HUNGRY FOR LOVE

今年のASVOFF8(A SHADED VIEW ON FASHION FILM 8)の審査員は審査委員長にジャン=ポール・ゴルチエをはじめとするファッション関係者で構成されている。この作品は、第10回札幌国際短編映画祭に審査員として招かれたダイアン・ペルネ氏が自身が主催するファッション映画祭にコンペ対象作品として招待された。映画祭上映作品からは桃井かおり主演、平柳敦子監督の「オー・ルーシー!」も招待されている。

監督コメント
『「Hungry for Love」という小さな作品でいわゆる「美しい」とされているものの壁を打ち破ることができました。数年にわたるエスエア(S-AIR)と映画祭のサポートにより完成し、1000ドルほどで制作したこの作品がジャン=ポール・ゴルチエが審査員長をつとめダイアン・ペルネがディレクターの映画祭でグランプリを受賞したのです!』

審査員は他にUKのスタイルマガジンdazed and confused の発行人でフォトグラファーのランキン(RANKIN)NYCバレーのコスチューム・デザイナーや、MET NYCのコスチューム・キュレーターの他、多くのファッション関係者が参加している。
公式カタログ、上映作品はこちら

SAPPORO Short Fest 2015では最優秀北海道作品賞を受賞している。
(写真:SSF2015アワードセレモニー、左:審査員の鈴井貴之氏、右:ジャスティン・アンブロシーノ監督)

Hok_01_Hungry_550.jpg

Read More ≫




SAPPOROショートフェスト実行委員会(実行委員長:山岸正美)は市内のサポート企業、(株)エスパステクノロジー(代表取締役 田中哲三)の協力で、10周年を記念したスマートフォン用アプリをリリースしました。

SSF_app_icon_700_banner.jpg

映画祭ではこれまでiPhone用のiOS対応アプリを提供して来ましたが、今回初めてAndroid OSに対応したスマートフォン用アプリをリリースしました。新しいアプリは映画祭会期中のスケジュールの確認やイベント情報の確認が出来るようになるほか、10周年の記念したキャンペーンも実施予定しています。(詳細は随時プレスリリースにてお知らせ予定です。)

アプリの推奨端末のスペックは以下の通り
【最低環境】
・iOS:
  iOS 7以上
・Android:
  Android 4.0以上

【推奨環境】
・iOS:
  iOS 7以上で、iPhone 4s以降、iPad (第 3 世代) 以降の端末
・Android:
  Android 4.3以上で、Bluetooth Low Energy (BLE) に対応する端末

Read More ≫




第10回札幌国際短編映画祭(SSF2015)【作品部門】の入選、オフィシャル・セレクションを発表します。
対象はナショナル・プログラム、北海道セレクション、JAPANオフシアター。


SSF 2015 オフィシャル・セレクション:日本作品
(インターナショナル・コンペティション)


ナショナル・プログラム: A / B / C:17作品
作品名 / 監督名 / ジャンル(上映時間順)

ソシオパス / A.T. / Fiction
NEKKO WORK / 坂本直也 / Animation
オール・フォー・シネマ / 柿本ケンサク / Fiction
SHI / Pablo Absento(パブロ・アブセント) / Fiction
かたすみの鱗 / 石谷 恵 / Animation
バベルオン / Cyrus Nozomu Sethna(サイラス・望・セスナ) / Fiction
はんたま / 橘 剛史 / Fiction
MUGA SHOZOKU / Rashad Haughton(ラシャード・ホットン)/ Fiction
七五郎沢の狐 / すぎはら ちゅん / Animation
女生徒 / 塚原重義 / Animation
あの子の席 / 片岡 翔 / Fiction
サベージ・ナイト/ Kristof Sagna(クリストフ・サニャ)/ Fiction
オールーシー! / 平柳敦子 / Fiction
まなざし / 戸田彬弘 / Fiction
100年の謝罪 / 渋谷 悠 / Fiction
OCTOPUS / 平林 勇 / Fiction
小春日和 / 齋藤俊道 / Fiction


ファミリー&チルドレン・プログラム:1作品
作品名 / 監督名 / ジャンル(上映時間順)

ゆめみるシロ / 武中敬吾 / Animation


北海道セレクション:4作品
作品名 / 監督名 / ジャンル(上映時間順)

Hungry for Love / Justin Ambrosino(ジャスティン・アンブロシーノ) / Fiction
しんしん / 稲田恭兵 / Fiction
シャッター × シャッター / 中鉢貴啓 / Fiction
マイ・リトル・ガイドブック / 逢坂芳郎 / Fiction

Read More ≫




プレスリリース:2015 0716

報道関係者各位

SAPPOROショートフェスト実行委員会は第10回札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト2015/SSF 2015) の応募総数と国際審査員、開催概要をお知らせいたします。(7月)

1) インターナショナル・コンペティション応募総数
2) SSF 2015 国際審査員
3) 10周年特別上映プログラム:ベスト・オブ・北海道セレクション:ウエブ・オーディエンス投票、他
4) 7月25日(土):チ・カ・ホ北3条広場 PRイベント
5) 8月14日(金): 特別上映 @《RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO》
6) 8月21日(金):大通西6丁目野外上映会


1) インターナショナル・コンペティション応募総数
世界99の国と地域から 3,321本の最新作が応募されました。日本国内からの応募は243作品、そのうち北海道作品は42作品。最優秀アジアンショート賞対象作品は684作品から選考されます。最大の応募国はフランス、625作品が応募されました。今年はウガンダ、パラグアイからも応募され、ツバルとギニアビサウ共和国からは初めて応募されました。


total-submissions_06-15.gif

2015年に初めて応募された国:
ジョージア(グルジア)ベラルーシ共和国、ブルネイ、グアテマラ共和国、ギニアビサウ共和国、ツバル

注)2016年7月5日修正
ジョージア(グルジア)、ベラルーシ共和国の2ヶ国は過去に応募歴がありましたので修正いたします。2015年度までの応募国は累計で145ヶ国の国と地域となります。

Read More ≫




第10回札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト2015)の公式ポスターのメインビジュアルをお知らせします。

2015_Poster-E2_700.jpg

2015年の公式ポスター用のメインビジュアル制作者は札幌市在住の絵本作家、イラストレーターのそらさん。ポスタービジュアルは新作オリジナル作品です。公式ポスターはメインビジュアルを使用し複数バージョンが制作される予定です。

sora_700200_text.jpg

そら公式HP:http://sora-office.com

そらプロフィール
北海道を拠点として活動する、絵本作家、イラストレーター。イラストによる絵本と自身が制作したフェルトぬいぐるみを撮影したピクチャーブック、キャラクター開発などを手掛けている。また、子どもたちへ絵本の読み聞かせやライブペインティング、絵本作家としての講演やテレビ・ラジオ・雑誌などにも出演、多方面での活動を展開している。画家としても作品を発表し(2013年3月JRタワーホテル日航)、さらに活動の幅を広げている。主な代表作に、JR北海道ICカード乗車券「Kitaca(キタカ)」のキャラクター『エゾモモンガ』、北海道観光PRキャラクター『キュンちゃん』、主な著書に、「WITH YOU ~大好きな君へ~」(MG BOOKS)、他多数。NHK札幌放送局「つながる@きたカフェ」~ほっかいどう街角さんぽ~に出演中。

sora_picturebook_550.jpg

■第10回札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト2015)
■会期:10月7日(水)から12日(月・祝)




プレスリリース:2014 0512

SAPPOROショートフェスト実行委員会は第9回札幌国際短編映画祭の開催概要と国際審査員、応募総数をお知らせいたします。

第9回札幌国際短編映画祭/SAPPOROショートフェスト2014


PDF-Icon_48-02.jpg プレスリリース 2014 05123.PDF

正式名称 (日本語/英語)
第9回 札幌国際短編映画祭 / 9th Sapporo International Short Film Festival and Market

通  称 (日本語/英語)
SAPPOROショートフェスト2014 / SAPPORO Short Fest 2014 (略称:SSF 2014)

主  催
SAPPOROショートフェスト実行委員会/札幌市

開催日程
プログラム上映:2014年10月8日(水)〜13日(月)までの6日間
ショートフィルムマーケットは会期中に開催。
オープニングレセプション:2014年10月7日(火)
アワードセレモニー:2014年10月12日(日)

会  場
メイン上映会場
札幌プラザ2・5/札幌市中央区南2条西5丁目(狸小路5丁目)

特別上映会場
シアターキノ/札幌市中央区南3条西6丁目南3条グランドビル2F(狸小路6丁目)

マーケット・イベント会場
イベントスペースEDiT/札幌市中央区南2条西6丁目 南2西6ビルB1F


SSF2014メインビジュアル

2014_Poster_550.jpg

越澤 秀 (コシザワ ヒデシ)イラストレーター、美術作家
1961年生まれ、北海道滝川市出身。東京芸術大学油絵科修士課程修了後、東京を中心にアート作品制作活動を行い、アート作品で宇野亜喜良氏、藤原弥生氏と3人展、灘本唯人氏などともグループ展を行う。芸大卒業展で「サロンドプランタン賞」受賞。第12回チョイス年度賞。近年は、地元北海道に拠点を移し、美術講師やアート作品活動のほか、広告のイラストレーションやアパレルのTシャツ、ソックスなどのイラストも手がけている。また、アート作品は東京のパティスリーキハチ、北海道近代美術館レストラン「ボーザール」などに展示。

Read More ≫