バックナンバー
iPhone App spotlights.jp DVD amazon

SSF NEWS

SSF ニュース



ローラ・アルバートのドキュメンタリー「作家、本当のJ.T.リロイ」公開

SSF2012 国際審査員:ローラ・アルバートの長編ドキュメンタリー「作家、本当のJ.T.リロイ」が4月8日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほかで全国順次公開されます。
*札幌は6月3日(土)より8日(金)まで、スガイディノス札幌で公開

JTleroy_flyer_550.jpg

第7回札幌国際短編映画祭の国際審査員として、来札したローラは日本のTVバラエティー番組でも「世界を驚かせた作家」として何度も紹介されて来ていましたが、これまでその背景を詳しく知る事ができませんでした。このドキュメンタリーは『悪魔とダニエル・ジョンストン 
THE DEVIL AND DANIEL JOHNSTON』で高く評価されている、ジェフ・フォイヤージーク(JEFF FEUERZEIG)監督によるドキュメンタリー作品。ローラが持っていた沢山のスナップ写真や音声テープなどこれまで明らかにされていなかったアーカイブ資料とインタビューで構成されています。2016年のサンダンス映画祭で公開されました。(関連記事

全世界がダマされた!!!
1996年、突如文壇に現れた謎の天才美少年"作家"J.T.リロイは存在しなかった?!
なぜ、"作家"ローラ・アルバートは 10年もの間、J.T.リロイに物語を語らせたのか。世界を驚かせた事件の真実を、彼女自身の言葉とセレブたちの通話音声によって解剖する。

1996年に突如文壇に現れ、女装の男娼となった過去を綴った自伝『サラ、神に背いた少年』で時代の寵児となった謎の天才美少年作家、J.T.リロイ。その才能にほれ 込み、映画監督のガス・ヴァン・サントは『エレファン ト』の脚本を依頼。二作目の著作『サラ、いつわりの祈り』はアーシア・アルジェントによって2004年に映画化された。しかし、2006 年ニューヨーク・タイムスの暴露記事によって事態は一変する。
スリリング!まるでスパイ小説のような、野心と個性を まとう女の奇妙であり得ない実話ドキュメント
――Los Angeles Times

当時のガス・ヴァン・サント、アーシア・アルジェント、トム・ウェイツ、コートニー・ラブなどとの留守電メッセージや会話から見えてくるローラ・アルバートの人生ドラマ。全米を騒がせた文学スキャンダル に新たな光を与えた。目が離せない!
――IndieWire

ドキュメンタリー公開後は絶版になっていたJ.Tリロイ名義の書籍が再出版されています
サラ、いつわりの祈りサラ、神に背いた少年

●公式サイト http://www.uplink.co.jp/jtleroy/
●公式Twitter https://twitter.com/JTleroyMovieJP
●公式facebook https://www.facebook.com/jtleroy.movie.jp/

Read More ≫



スポットライツ、サイト・アップデートのお知らせ

札幌国際短編映画祭の作品登録・応募サイト:スポットライツ(Spotrights.jp)は3月29日の午前中からサーバー・アップデートとサイト・リニューアル作業に入るため、サイトにログイン出来なくなる予定です。

2017_spotrights-websiterenewal.jpg

サイト・リニューアル後のオープンは9月を予定しています。

第12回札幌国際短編映画祭へ応募された作品についての問い合わせは、こちらからメールでお問い合わせ下さい。



ナショナルツアー上映@徳島国際短編映画祭

今年も3月3日(土)から徳島国際短編映画祭にてナショナルツアー上映として3プログラムを上映します。 tokushima2017.jpg tokushima_nationaltour_1200.jpg


プレビューメンバー募集

「プレビュー・メンバー」を募集します。

第12回札幌国際短編映画祭に応募される作品のプレビューを行う「プレビュー・メンバー」を募集します。


現在、プレビューシステムの準備を進めております。
準備に多少時間が掛かりますが、このページの下の方にある「プレビュー申し込みフォーム」より申し込んでください。準備が出来次第事務局よりご連絡いたします。
*注意:Gmail、Yahooメールで迷惑メール扱いになる場合がありますので予め『@no-maps.jp』からのメールが受け取れるように設定してください。

「プレビュー・メンバー」は応募作品を視聴し、どのような作品かを確認・評価し、1次・2次選考の参考となるようなコメントを入力します。この作業はオフィシャル・セレクションを選出する過程で重要な作業です。
募集人数は外国語10名程度、日本語5名程度を募集。事務局がインタビューさせていただき、「プレビュー・メンバー」を決定いたします。


<応募資格>
・札幌市または札幌近郊に在住の20歳以上の方
・映画が好きで、映画の知識が多少ある方
・外国語プレビューを希望される方は、海外作品には日本語字幕が付いていないため、英語(会話・字幕)で鑑賞できる方、又はフランス語(会話)で鑑賞できる方。
・プレビューはオンラインで視聴していただくため、ネット環境でPCが使える方
・Web・印刷物でプレビュー・メンバー紹介する際、お名前や顔写真の掲載に同意していただける方
・2016年3月から5月末まで(予定)の期間内に約15分〜30分の作品を100本以上の作品を視聴できる方

<作品プレビューにあたっての着眼点>
シナリオ、演出、役者、音楽、撮影、独創性などの着眼点で作品を視聴、鑑賞していただきます。

<報酬>
基本的にはボランティアでの参加になりますが、15分以上の作品を100本以上の作品をプレビューをした方には映画祭のVIP回数券等を進呈。
外国語ボランティアの方は15分以上の作品100本ごとに1万円相当の商品券を進呈。

<募集期間>
2017年3月末まで(予定)
応募フォームに必要情報を入力し、希望の面接日を選択してください。
映画祭事務局より、面接日時を電子メールでご連絡いたします。

<インタビュー・面接場所>
映画祭 事務局
札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1インタークロスクリエイティブセンター2F H

<申し込みフォーム>
プレビュー申し込みフォーム



HOMEがBAFTAで受賞、Short of The Yearにも選出!

SSF2016 最優秀脚本賞を受賞した、イギリスのダニエル・マロイ監督作品が『HOME』が、世界の映画祭ネットワークShort Film Conferenceの2016年の各国映画祭で上映された作品から、その年の1本を選ぶShort of The Year作品に選ばれました!cineuropaの記事はこちら。この賞は今年のクレルモンフェラン国際短編映画祭のなかで行われたShort Film Conferenceの会合で発表されました。

cineeuropa_2017_02_homewins.jpg

Home_best-of-short-01.jpg

Home_best-of-short-02.jpg

クレルモンフェラン国際短編映画祭の上映に参加していたダニエルはすぐにBAFTAの受賞式に参加するためイギリスに戻りましたが、2月12日(日)夜のアワード受賞式で英国短編作品賞を受賞しました。おめでとうございます。

その後、Sky Newsのインタビューが公開されました。

BAFTA: Home of the British Academy of Film and Television Arts

Home_poster_550.jpg

第11回札幌国際短編映画祭 受賞作品一覧
監督のダニエル・マロイは第1回札幌国際短編映画祭 フィルムメーカー部門のグランプリ監督です。



SSF2016 フェスティバル・ダイジェストを公開

SSF2016 フェスティバル・ダイジェストを公開しました。
来場者の皆様、映画祭に参加して頂いた沢山の監督と作品関係者、映画祭関係者の方々に感謝!既に2017年10月の第12回札幌国際短編映画祭開催(No Maps 2017 / Film)にむけて準備中です。
新作短編の作品募集中、詳細はこちらから

ssf2016_festivaldigest_01.jpg

ssf2016_festivaldigest_02.jpg

ssf2016_festivaldigest_03.jpg

ssf2016_festivaldigest_04.jpg

ssf2016_festivaldigest_05.jpg



スポットライツ・サーバ停止のお知らせ

SAPPOROショートフェストが利用している、応募作品の管理サーバーSpotrights.jp(スポットライツ)がメンテナンスのため10月31日朝9時までサービスを停止いたします。

Spotrights.jp(スポットライツIサーバー停止期間
平成28年10月28日(金)17:00
から
平成28年10月31日(月)09:00



近代美術館特別上映会プログラム

第11回札幌国際短編映画祭のメイン会場でのプログラム上映は15日のアワードセレモニーで発表された受賞作品を集めたアワードプレミアム・プログラムの上映で終了しましたが、特別上映として11月3日(木・祝)、4日(金)に北海道立近代美術館 講堂で6プログラムを上映致します。

【北海道立近代美術館 特別上映会】
11月3日(木・祝)
11時:ファミリー&チルドレンプログラム
13時:N-Bプログラム
15時:アワードプレミアム B

11月4日(金)
11時:N-Aプログラム(*『みつあみの神様』を除く短編5本上映)
13時:アワードプレミアム A
15時:N-Cプログラム


入場料
当日:1,300円
他に、映画祭前売り券、当日券の残り、VIP券、スクールチケット、招待券での入場も可能です。

2016年受賞作品

2016_award_B_kinbi.jpg


2016_award_A_kinbi.jpg



SSF2016 アワードプレミアム・プログラム公開!

今年の受賞作品はこちら
http://sapporoshortfest.jp/16/awards/

今年の受賞作品を集めたアワードプレミアム・プログラム

◎AWARD A プログラム:19:00〜
松田美由紀 審査員特別賞
戦争のつくりかた What Happens Before War?

ミニショート賞
ルーベン・リーブス Ruben Leaves

最優秀北海道作品賞
流星と少女 Shootingstar

FM部門グランプリ
ホームボディーズ Homebodies

最優秀撮影賞/最優秀女優賞
感覚 Senses

最優秀国内作品賞/最優秀作曲賞
どす恋ミュージカル Sumo Road ~ The Musical ~

最優秀チルドレン・アクトレス賞
合唱 Sing


◎AWARD B プログラム:21:00〜
最優秀ノンダイアログ賞
ウィータ・ラカーマヤ Vita Lakamaya

最優秀アジアン・ショート賞
ブンガ・サヤン Bunga Sayang

最優秀ドキュメンタリー
スナイパー・オブ・コバニ The Sniper of Kobani

作品部門グランプリ/最優秀監督賞/最優秀男優賞
ボイスレス La Voce

最優秀アニメーション賞
ポンボ・ラブズ・ユー Pombo Loves You

最優秀撮影賞/最優秀女優賞
感覚 Senses

最優秀国内作品賞/最優秀作曲賞
どす恋ミュージカル Sumo Road ~ The Musical ~


*アワードプレミアム・プログラム公開時と上映内容の相違があったため、公開情報を一時修正しました。
お詫びして訂正したします。(2016.10.16)



Branded Film 2: Audience Award

ポカリスエット「ポカリガチダンス フルバージョン」篇 150秒
今年2回目のブランデッド・フィムル2で紹介された作品は10作品でしたが、
投票の結果、ポカリスエットが1位となりました!おめでとうございます。

branded2_pocari_00.jpg

branded2_pocari_01.jpg

branded2_pocari_02.jpg

branded2_pocari_03.jpg

branded2_pocari_04.jpg

ちなみに2位は倉敷中央病院の「研修医実技トライアウト/SURGEON TRYOUTS」でした。

Branded Film 2
http://sapporoshortfest.jp/16/programmes/branded
#NoMapsJP #SSF2016 #nomaps