バックナンバー
spotlights.jp DVD amazon

SSF NEWS

SSFニュース「イベント」カテゴリ記事一覧



ムービング・ムービー・コンテスト

札幌国際短編映画祭では、DJI(本社:中国・深圳市)、株式会社HELICAM(DJI認定ストア札幌)と共催で「Moving Movie Contest 2019」を開催します。

Helicam_WS_550.jpg

募集案内:ムービング・ムービー・コンテスト

実施概要
期間:11月23日(土)~12月30日(土)  
時間:11月23日(13:00-15:00 ワークショップ | 15:00-16:30 オリエンテーション | 17:00 開始) 
   12月1日(15:00-17:00 審査会 | 18:00-19:30 表彰式)
募集:10チーム程度
対象:ビデオグラファー、映像作家を目指す学生、映像制作をライフワークとする方
場所:イベントスペースEDiT(南2西6)

札幌国際短編映画祭とDJI、そしてHELICAMとで共催するスペシャルコンテスト。DJI製品の「Osmo Pocket」「Osmo Mobile 3」「Osmo Action」3種のスタビライザーカメラを使って1週間で3分の【作品】、そして同じく3分の【ビハインド・ザ・シーン】を制作する映像コンテスト。作品に使用できる映像は、常に動いている上記3種のスタビライザーカメラで撮影した映像のみが対象です。少人数で撮影から編集までを手がけられるビデオグラファー向けのコンテストです。

Read More ≫



SSF2019 アワードプログラムを発表!

第14回札幌国際短編映画祭のアワードプログラム-A, B, Cを発表します。

アワードプログラム A

Award-a_thums_700.jpg

上映:11月2日(土)19時〜、4日(月・祝)13時〜
https://sapporoshortfest.jp/19/programmes/award/award-a

上映作品 各賞
SSFアンコール上映作品、最優秀ミニショート賞、アミノアップ北海道監督賞、最優秀ノンダイアログ賞、最優秀ドキュメンタリー賞、SSF2019 グランプリ。

Read More ≫



映画祭オープニングとアワードセレモニー、各種イベントの申込受付を開始しました!

第14回札幌国際短編映画祭のオープニング・イベント(10月16日水曜日)、アワードセレモニー:授賞式(10月20日日曜日)と会期中の各種イベントの一般参加の申込受付を開始しました。

各会場は収容人数に比較的余裕がありますが、座席数には限りがありますので、混乱を避けるため事前にお申し込みください。受付には、オンラインのサービスを利用しておりますので、パソコンかスマートフォンでのお申し込みになります。パソコン等でのお申し込みが出来ない場合は、会場でも入場可能な場合もありますが、事前お申し込みの方が優先されますので、入場までお待ち頂くことがあるかもしれませんので、ご了承ください。

申込方法:スマホの方はQRコードをスキャンしてください。パソコンからの場合は以下のリンクから。

Read More ≫



先行特別上映会にご招待!

第14回札幌国際短編映画祭の先行特別上映会を10月4日(金)午後7時から(終演21時予定)開催します。入場無料ですが、事前に登録をおねがいいたします。

plaza25_700.jpg

●SSF2019 特別先行上映会
●日時:10月4日(金)午後7時から(終演21時予定)
●入場:無料ですが、事前に下記のページからお申し込みください。
●会場:札幌プラザ2・5(中央区南2条 狸小路5丁目)

●お申し込み:Pass Market(パスマーケット)
●入場チケットはスマートホンのQRコードを利用したチケットレスになります。そのほか、QRコードを印刷して、会場で受け付けしてください。その他の受付方法はございませんので、ご了承ください。

*注意:パスマーケットはYahoo! JAPANのIDを利用して簡単にチケットを申し込めますが、Yahooメールを6ヶ月以上使用していないと、登録のメールアドレスに申し込んだチケット情報が届きません。6ヶ月以上使用していない方は、事前に使用再開の作業をしてください。

*Yahooメールアドレスを持っていなくても申し込めますが、購入情報を送る登録メールアドレスは間違えないようお願いいたします。

PassMarket_700.jpg

Read More ≫



SSFナショナルツアー:徳島国際映画祭2019

札幌国際短編映画祭では映画祭のナショナルツアー上映として、今年も徳島国際映画祭2019で3プログラムを上映致します。上映プログラムは【インターナショナル】【ナショナル+北海道】【ファミリー&チルドレン】の3プログラムを上映予定。 さらに、今年は昨年、映画祭の中で話題となった、お笑い芸人サンドウィッチマンの富澤たけしさんが監督した、ショートフィルム2作品も特別上映されます。

SSF2018_Tokushima2019_tour_topimg700.gif

SSF2018_Tokushima2019_International.jpg

【インターナショナル・プログラム】
●上映日時:3月9日(土)17:45から / 3月10日(日)11:15から

『ネガティブ・スペース』監督:マックス・ポーター、桑畑かほる(最優秀アニメーション賞)、『3枚の楽譜』監督:ロジャー・ガリエピィ(最優秀男優賞)、『岸辺のウィンクルス』監督:アリス・ヴィアル(最優秀脚本賞)、『思い出の先へ』監督:ジャスティン・ストーンハム(作品部門グランプリ)、『ニワトリとともに』監督: リシ・チャンドナ(最優秀ドキュメンタリー賞)、『渡橋恐怖症の男』監督:マイケル・ラウズ、ウィル・ケニング(最優秀撮影賞)、6作品。

SSF2018_Tokushima2019_NationalHokkaido.jpg

【ナショナル+北海道・プログラム】
●上映日時:3月9日(土)9:30から

『正装戦士スーツレンジャー』監督:上田 慎一郎、『夢』監督: 野上 鉄晃 、『CHOREOGRAPHER』監督:山田 裕一郎(アミノアップ北海道監督賞)、『バイバイ、ホーホ』監督:片岡 翔、『TOKYO 2001/10/21 22:32~22:41 』監督:奥山 大史、『花嫁の手紙』監督:冨澤たけし(話題賞)、以上6作品

Read More ≫



アワードプログラムABC、作品リスト

今週19-21日で上映予定の受賞作品を集めた、アワードプログラムはの上映作品は下記の通り決定!

前売券、当日券、VIP券の残りチケットも使用出来ます。

SSF2018アワードプログラムPDF はこちら
awardprogramme_pdf.jpg


アワードプログラム A - B - C

===== アワードプログラム A

10月19日(金) 19:00〜 / 10月21日(日)11:00〜

札幌市平和賞
ドロップス

北海道メディアアワード賞
私の中のハリネズミ

最優秀アニメーション賞
ネガティブ・スペース

最優秀コンテンポラリー・エクスペリメンタル
共生-ダンス・ウィズ・AI

最優秀美術賞
モリモリ島のモーグとぺロル

最優秀編集賞
JUCK-フェミニティーのダンス

最優秀ドキュメンタリー賞
ニワトリとともに

===== アワードプログラム B

10月19日(金) 17:00〜 / 10月20日(土)19:00〜

最優秀作曲賞
ルーシー / ルーベン・グティアレス

最優秀チルドレンショート賞
おじいさんとりょうけん

最優秀撮影賞
渡橋恐怖症の男

最優秀国内作品賞
老ナルキソス

最優秀監督賞
偽りの赤

アミノアップ北海道監督賞
CHOREOGRAPHER


===== アワードプログラム C

10月20日(土) 15:00〜 / 10月21日(日)19:00〜
最優秀学生監督賞/最優秀子役賞
アケダ-冷たい銃身

最優秀アジアンショート賞/最優秀女優賞
祖父の墓

作品部門グランプリ
思い出の先へ

最優秀脚本賞
岸辺のウィンクルス

最優秀男優賞
3枚の楽譜



サンドウィッチマン特別上映について入場のご案内

第13回札幌国祭短編映画祭の特別上映プログラム、『サンドウィッチマン』特別上映について。

10月13日午後6時から上映を予定しています、『サンドウィッチマン』特別上映会について会期前より沢山のお問合せを頂いております。

実行委員会映画祭運営部会では、沢山の客様がスムーズに上映に参加して頂くために、当日のチケット販売と入場について一部、運営方法を変更することに致しました。

『サンドウィッチマン』特別上映会については、専用入場券を配布いたします。


● 前売り券と当日券
前売券を既にご購入の方は、札幌プラザ2・5の一階チケットカウンターで、専用入場券と交換してください。

当日券購入の方も札幌プラザ2・5のチケットカウンターで当日券購入の上、『サンドウィッチマン』特別上映会の専用券と引き換えてください。
購入時に『サンドウィッチマン』特別上映会用に購入とお伝え頂き、専用券をお受け取り下さい。

●高校生無料枠について
札幌国祭短編映画祭は高校生以下無料としていますが、会場の席に余裕のある場合、提供されるものです。今回の『サンドウィッチマン』特別上映会については多くの問い合わせがあるため、限定で50席を確保いたしました。

入場券の受取について
『サンドウィッチマン』特別上映会の専用入場券は下記の日時より提供いたします。

日時:10月13日(土) 午前9:30より入場券の配布を開始します。
場所:札幌プラザ2・5 チケットカウンター

劇場の座席数で約350席ほどを一般来場者向けに提供致します。高校生以下の無料枠については当日の来場者数をみて席に余裕が出た場合、追加で提供する予定です。
*高校生以下のお子様は、学生証か生年月日の分かるものをご持参、ご提示のうえ専用券をお受け取り下さい。

●お詫び
今回の特別上映会については、映画祭という上映形式のため通常の映画館上映とは違う事から、入場方法について一部混乱してしまったことを深くお詫びいたします。また、多くの問合せに対しての回答と今回の発表の内容が一部変更になってしまったことについても重ねてお詫び致します。今回の変更については、ご了承お願い申し上げます。

皆様からの関心の高さと、多くの問合せをお受け致しましたので直前ではありますが、ご来場の皆様が出来るだけみられるような変更と致しましたので、ご了承下さい。


札幌国祭短編映画祭 運営




VFXセミナー :ハリウッド超大作のVFXの裏側に迫る

【イベント情報】VFXセミナー :ハリウッド超大作のVFXの裏側に迫る
by デイビッド・ナカバヤシ(David Nakabayashi)Industrial Light & Magic : Art Department Director

第13回札幌国際短編映画際の会期中の特別セミナー

ジョージ・ルーカスのルーカス・フィルムが所有するVFXの制作会社: Industrial Light & Magic(ILM)所属のクリエイティブ・ディレクター、デイビッド・ナカバヤシ氏をゲストに、ハリウッド超大作にはもはや必須となっているVFXの仕事について貴重なお話をお聞きします。(逐次通訳付き)
映画制作者、プロデューサー、VFX制作者、クリエイター、学生、映画ファン、プロ・アマチュア問わずいろいろな方に聞いてほしい!

Industrial Light & Magic | VFX and Animation Studio

ILM_ArtDept_logo_1000.jpg

日時:10月11日(木)開場18:30、開演19:00〜20:30(予定)
場所:イベントスペースEDiT(中央区南2条西6丁目 南2西6ビルB1)
参加:無料(定員:50名)、応募フォームからの参加登録が必要です。

2018_jury_David_Nakabayashi_500.jpg

SSF2018:国際審査員 デイビッド・ナカバヤシ
ILM(インダストリアル・ライト&マジック) アート部門のクリエイティブ・ディレクターで1989年から在籍。これまでに複数のスターウォーズ作品とAI (Artificial Intelligence: AI、2001)、トゥモローランド(2015)、キングコング: 髑髏島の巨神(2017)を含む18作品以上の長編映画に関わっている。アートセンターカレッジでインダストリアルデザインの学士を取得し、アカデミー賞の選考・授与も行っている映画芸術科学アカデミーの会員でもある。



特別上映決定!『想像だけで素晴らしいんだ〜』

GoToTheFuture_00_700.jpg

第13回札幌国際短編映画祭で追加上映決定!特別上映として『想像だけで素晴らしいんだ-GO TO THE FUTURE-』を上映します!

日程:10月11日 (木)
時間:22:00〜 (特別追加上映)
場所:札幌プラザ2・5
料金:映画祭のチケットで入場出来ます。

《あらすじ》
「年に一度、七夕にしか会えない織姫と彦星が、ズルしてでも愛し合う日...『裏七夕』。高校生だった純一と正と泉は、想像を超え るような未来のために、短冊に願いを描いた。 しかし2018年現在...40歳を目前にした3人は、想い描いた未来とはかけ離れた現実の渦中にいた。 もう一度...あの夜に戻りたい。 ズルをしてでも手に入れたい未来のために、3人は最後の願いを込めて『裏七夕』の扉をノックする。」

GoToTheFuture_01_700.jpg

GoToTheFuture_02_700.jpg

GoToTheFuture_03_700.jpg

GoToTheFuture_04_700.jpg

GoToTheFuture_05_700.jpg

GoToTheFuture_poster_700.jpg

【出演】
上中丈弥(THEイナズマ戦隊)・柴田隆浩(忘れらんねえよ)・佐々木亮介(a flood of circle)・北島康雄・まさやん・モリス・U太(四星球)・ 豊島"ペリー来航"渉(バックドロップシンデレラ)・笠原健太郎(Northern19)・寺本英司(OVER ARM THROW)・赤飯(オメでたい頭でなによ り)・オカモト"MOBY"タクヤ(SCOOBIE DO)・ヤマグチユウモリ、ナガマツシンタロウ、イワオリク(SIX LOUNGE)・アマダシンスケ、カマ タリョウガ、樹下卓弥(FOMARE)・K-zoo(NUBO)・辰己裕二郎(花団) 、PANメンバー:川さん・ゴッチ・ダイスケ・よこしん



徳島国際映画祭でナショナルツアー上映!

今年も徳島県徳島市の徳島国際映画祭(3月16日〜18日)で札幌国際短編映画祭のナショナルツアー上映が予定されています。今年も【インターナショナル】【ナショナル+北海道】【ファミリー&チルドレン】の3プログラムを上映予定。

インターナショナル・アワードセレクション・プログラム

tokushima-interprog.jpg

『会社とは』監督:パブロ・ポジェドゥリ、最優秀アニメーション賞 /『ようこそカナダ』監督:アダム・ロフテン、メリー・ファウルス、札幌市平和賞/『Signature』監督:近浦啓、FM部門グランプリ/『マモーン』監督:アレハンドロ・ダミアニ、最優秀ミニショート賞/『オーッサ』監督:ダリオ・インブローニョ、最優秀アニメーション賞/『幸福』監督:ダヴィー・ジョルジ、サマンサ・ピネダ・シエラ、最優秀美術賞、オーデョンスアワードFM部門/『ザ・カメラマン』監督:コナー・ガストン、作品部門グランプリ/『愛の記念日』監督:ハビエル・フェセル、オーデョンスアワード作品部門

ナショナル+北海道・プログラム

tokushima-nationalhokkaidoprog.jpg

『ジョニーの休日』監督:新谷寛行、最優秀脚本賞 /『「桜田」最後の100日』監督:岸田 浩和/『ladifone』監督:外山 光男、ミュージックビデオ/『MUKAWA NO SHISHAMO』監督:HAMBURGER BOYS、ミュージックビデオ/『きづき』監督:中鉢貴啓、ミュージックビデオ/『boen、bone、墓音。』監督:ゴリ、観光庁長官賞

ファミリー&チルドレン・プログラム

tokushima-childprog.jpg

ファミリー&チルドレン・プログラム:徳島特別バージョン。 徳島の子供達が「へそまがり昔ばなし」の吹き替えに挑戦!

Read More ≫