バックナンバー
spotlights.jp DVD amazon

SSF NEWS

SSFニュース「募集」カテゴリ記事一覧



Micro Docs for SDGs 公開説明会:編集から学ぶ、ストーリーテリングとは

SSF2022_MicroDocs_0713_Edit_700.jpg

第17回札幌国際短編映画祭(SSF2022)では、SDGsをテーマとした3分の人物ドキュメンタリー作品をMicro Docs部門の公開セミナーシリーズ、第3回目はついに編集についてディスカッションしていくウェブナーを開催します。スペシャルゲストにCHOCOLATE Inc所属の小林 穣さんが、ロンドンから参加します。メンターとして加わって頂きます。そして、今回はZoomウェブナー形式で参加者からの質問にもリアルに答えていく充実の90分を予定しています。実際の編集作業を共有しながら実践的なアプローチを学ぶ貴重な機会になるはずです。

SSF2022 Micro Docs for SDGs オンライン公開説明会(Zoomウェビナー)
「編集から学ぶ、ストーリーテリングとは」
参加無料、要登録登録ページはこちら

スペシャルゲスト
小林譲 / Jo Bellamy
1981年生まれ。イギリスにて幼少期を過ごし、現地で映像を学ぶ。日本帰国後はエディターとして大手ポストプロダクション会社を経て2017年に独立。2019年からはCHOCOLATE Inc.に所属。
サントリー「スイッチしよう」SEIYU「食卓の誤解」など、ドキュメンタリー広告を得意とし、WEB・TV・映画とジャンルを問わず国内外で活動中。2022年より所属は変わらず、再び拠点をイギリスへ移す。

関連サイト
映画「14歳の栞」2021年劇場公開
https://14-shiori.com/
ドキュメンタリー「空師」映文連アワード2021・経済産業大臣賞受賞
https://youtu.be/0EsNmfBcrTk
SEIYU「食卓の誤解」
https://youtu.be/JPfF3JXechE


関連イベント:6月29日(水)19:30-21:00
SSF2022 Micro Docs for SDGs オンライン公開説明会
IDEAS FOR GOOD「世界のソーシャルグッドなIDEAから学ぶ、ストーリーの描き方」
配信アーカイブはこちら
イベント詳細ページはこちら


関連イベント:5月25日(水)19:00-21:15
SSF2022 Micro Docs for SDGs オンライン公開説明会
配信アーカイブはこちら
イベント詳細ページはこちら



ジャパンプレミア・エントリー応募受付開始!

5月9日(月)よりインターナショナルコンペティションの日本国内初公開作品を対象としたジャパンプレミア・エントリーの応募受付をスポットライツ(https://www.spotrights.jp/)で開始します。

JapanPremire_banner_logo_650.jpg

《作品部門:ジャパンプレミア・エントリー》
レギュラーエントリー期間:5月9日(月)から7月10日まで ¥2,000円/学生¥2,000

応募料のお支払いは、こちらのパスマーケットページからお支払い下さい。応募料チケットの購入にはYahoo IDが必要になります。

[ 作品部門:ジャパンプレミア・エントリー ]インターナショナル・コンペティション

・日本で制作された作品
・30分以下の短編作品(エンドクレジットを含む)
・2021年1月1日以降に完成した作品もしくは、編集中の作品(MA/グレーディング未完成等)
・楽曲使用権クリア済み
・学生作品、MV、Webシリーズも応募可

○応募条件
・ゼロ号試写(関係者試写)を除く日本国内未発表作品 *ワールドプレミアも選択可
・ほかの映画祭など日本国内での上映が映画祭のリアル上映会後(10月下旬を予定)とすること
・監督/関係者がプレミア上映に参加できること
・9月中旬までにプレスリリースの提供ができること
・9月中旬までに完成版、英語字幕版を提供できること
・ポスタービジュアルを制作できる作品であること
・オンライン上映が可能であること


インターナショナルコンペティションのグランプリ他、各賞、ジャパン・プレミア・アワード対象
*賞の名称や選考方法は変更になる場合があります。


募集要項

第17回札幌国際短編映画祭インターナショナル・コンペティション 募集要項 日本語版

インターナショナル・コンペティションの募集概要についてはFestival Updateをご覧下さい。

SSF2021/第16回札幌国際短編映画祭 ジャパンプレミア・プログラム



Micro Docs部門募集開始!Yahoo! JAPANと大和証券グループのサポートが決定!

第17回札幌国際短編映画祭(SSF2022)では、SDGsをテーマとした3分の人物ドキュメンタリー作品をMicro Docs部門で募集します。この部門は、Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラムが展開するプロジェクト「DOCS for SDGs」(協賛:大和証券グループ)からサポートをいただき、新設された部門になります。
Micro Docs部門では応募作品の中から約6作品程度の優秀作品をノミネートとして選出します。ノミネート作品から最優秀作品1作品に「Micro Docs for SDGs賞/Micro Docs for SDGs Award」が贈られ、受賞者には、Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム参加権と副賞20万円が授与される予定です。


McroDocs_TextCredits_Yahoo-Daiwa_700.jpg

Micro Docs部門について
SDGsに関連した3分以内の人物ストーリーを伝えるMicro Docsを募集します。
Micro Docsの3つのキーワード

NEW
誰も成し遂げていない新しい壁を越えていく人
WOW
生き方、技、成し遂げたことなどで人々を驚嘆させる人
GOOD
Social Good 社会課題を解決しようと試みる人
に該当する人物を取り上げてください。

Micro Docs部門のサポートを受けて、募集要項の一部を改定しますのでお知らせします。
改訂版 募集要項

募集期間
5月9日(月)より7月29日(金)まで
*応募受付期間が延長になりました。

応募料
1作品/1,000円(学生作品も同額)
応募料のお支払いは、こちらのパスマーケットページからお支払い下さい。応募料チケットの購入にはYahoo IDが必要になります。

Micro Docs部門作品応募ページ
映画祭応募サイトスポットライツ(https://www.spotrights.jp)に作品情報を登録してご応募下さい。

応募条件
・日本で制作された作品
・本編3分以下の短編作品(エンドクレジットを含まない)
・完成が2020年1月1日以降の作品
・楽曲使用権クリア済み
・学生作品、Webシリーズ、オンラインで公開済みの作品も応募可
・応募作品は最終完成作品であること
・SDGsの17目標のいずれかをテーマとしたドキュメンタリー作品であること。
・人物ストーリーを届ける作品であること
・部門賞を受賞した作品は、最低1年間のオンライン上映が可能であること、
 また大和証券グループの関連窓口等での上映が可能であること。
・受賞作品は使用楽曲のキューシートを提出して頂きます。

賞/賞金
Micro Docs for SDGs賞/賞金:20万円



SSF2021子ども審査員募集!

第16回札幌国際短編映画祭(NoMaps | FILM)では子ども審査員を今年も募集します!今年もオンラインで行います!

第16回札幌国際短編映画祭(NoMaps / Film) は2021年11月12日から12月5日まで開催しますが、
会期中に上映する「ファミリー&チルドレン」プログラム全作品から、「子ども審査員賞」を選出する審査員を最大5名募集します。

SSF2021_ChildrenProgramme_700.jpg

例年は対面での審査会を行っておりましたが、先般の状況をみて、今年はインターネットを使ったオンライン子ども審査会とさせていただきます(Zoomミーティングを使用します)。ご自宅からご参加いただけますが、Zoomの接続等では保護者のサポートも必要かと思われますので、よろしくお願いいたします。

子ども審査員は、事前に全10作品(約66分)を鑑賞していただき、審査会当日にzoomで話し合いをして賞を与える作品を決めます。登録後にお送りするリンクから、作品は事前に期限(10/29)までにお好きな時間にお好きな数に分けてご覧いただけます。10本見るのは少し大変かもしれませんが、映画を作った監督たちみんなが楽しみに待っています。


1.募集について
募集期間:2021年10月13日(水)~10月29日(金)まで
申込:申込はこちらからお願いします。
https://forms.gle/3rnum1vHRE5pM2qj6
募集対象:札幌市内、もしくは北海道内に住む、小学生1年から6年生まで
募集人数:最大5名(応募者多数の場合は抽選)


2.オンライン子ども審査会について
日 時:2021年10月30日(土)13:30~16:00(予定)
*途中休憩あり *オンラインということで長めに設定しています

場 所:当日のZoomリンクは、決定した方へメールでお知らせします
・賞の決定後、みんなで賞を発表するビデオを収録します。このビデオは公開しますので、映像に映ってもよい準備をお願いいたします。
料 金: 無料(お礼に映画祭のオンライン無料パスコードをプレゼントします)

審査で決める各賞:最優秀チルドレンショート賞・銀賞・銅賞

Read More ≫



ジャパン・プレミア・エントリー応募料支払ページの変更

現在募集中の作品部門《ジャパン・プレミア・エントリー》の応募料支払ページが6月30日(水)より変更になりますのでお知らせ致します。

応募料の支払に使用しているPassMarket(パスマーケット)の利用規程変更:「チケット販売期間設定時の仕様変更」により現在、支払ページとして指定しているページは6月29日までとします。6月30日からは下記のページよりお支払いください。

《ジャパン・プレミア・エントリー》の応募料支払ページ(6月30日以降はこちらをご利用ください。)
第16回 札幌国際短編映画祭:インターナショナルコンペティション・ジャパン・プレミア応募料

《ジャパン・プレミア・エントリー》はスポットライツから7月10日(土)まで受付けています。詳しくはFESTIVAL UPDATEの《SSF2021 作品募集!》をご覧ください。



ジャパン・プレミア・エントリーのプレミア条件緩和

現在、公募中の作品部門《ジャパン・プレミア・エントリー》のプレミア条件を緩和したことをお知らせします。

これまで、《ジャパン・プレミア・エントリー》の応募条件の一つであった、「ほかの映画祭など日本国内での上映解禁日」が11月21日(日)以降でしたが、これを10月31日(日)以降とします。

■日本制作作品:ジャパン・プレミア・エントリー【作品部門】
一部応募条件の変更のお知らせ

変更前:ほかの映画祭など日本国内での上映が11月21日(日)以降とすること
変更後:ほかの映画祭など日本国内での上映が10月31日(日)以降とすること

以下、《ジャパン・プレミア・エントリー》修正後の対象作品・応募条件

対象作品
・日本で制作された作品
・30分以下の短編作品(エンドクレジットを含む)
・2020年1月1日以降に完成した作品もしくは、編集中の作品(MA/グレーディング未完成等)
・楽曲使用権クリア済み
・学生作品、MV、Webシリーズも応募可

応募条件
・ゼロ号試写(関係者試写)を除く日本国内未発表作品 *ワールドプレミアも選択可
・ほかの映画祭など日本国内での上映が10月31日(日)以降とすること
・監督/関係者がプレミア上映に参加できること
・9月中旬までにプレスリリースの提供ができること
・9月中旬までに完成版、英語字幕版を提供できること
・ポスタービジュアルを制作できる作品であること
・オンライン上映が可能であること

通常の作品部門の応募と《ジャパン・プレミア・エントリー》の違いについて
特に以下の条件が違います。
・完成前のプレビュー段階で応募出来ます。
・他の映画祭での上映など、一般公開は11月1日(月)以降にお願いします。
・PR用のプレスリリースを作成してください。
・ポスタービジュアルを制作してください。

SSF2021 作品募集!



プレビューボランティア募集

2021年インターナショナル応募作品のプレビューボランティアを公募します。2020年は世界中の映画祭がオンラインに移行しました。札幌国際短編映画祭も初めてオンライン上映という形でインターナショナル・コンペティション他、上映プログラムをストリーミング配信しました。その結果、映画祭のオーディエンスは北海道内のみならず、沖縄まで広がり大変多くの方がオンライン上映に参加していただきました。

札幌国際短編映画祭では世界中から送られてくる沢山の応募作品のプレビュー作業をこれまで、札幌市民の皆様にボランティアという形で参加していただき、短編映画への理解を深めてもらう目的で続けて来ました。今回はこの《プレビューボランティア》の枠を全国に広げる事になりましたのでお知らせ致します。

◎応募していただける方
・日本国内在住者
・日常会話程度以上の英語が理解出来ること(作品には英語字幕が付いています)
・インターネットでビデオ会議(Zoom会議)が出来ること
・20歳以上の方
・5月中に15分以上の作品を100作品以上視聴できる方
・映画祭の定める利用規定を遵守できるかた
ほかに、映画が好き、短編映画が好き、異国の文化が好き、特定の国の文化に強い(例:韓国、中国、アメリカ、フランスetc)、外国語が得意(英語、フランス語、韓国語、中国、etc)

●視聴方法
インターネット・オンラインによる視聴

《注意》
●プレビュー期間中とオフィシャルセレクション公開までは以下の事をしないでください。
1:プレビューしている作品についてSNSなどで言及しないでください。守秘義務が生じます。
2:プレビューに参加していることはSNSなどで公表しないでください。
3:応募作品の作品データと関連データのダウンロードをしないでください。
4:応募作品の関係者に直接連絡をとる、または個人情報を取得することはしないでください。

●こんな方に参加してほしい
映画祭運営に興味のある方、映画・映像作品のリサーチにもなります。

●特典
ボランティアとなりますが、映画祭の有料オンラインイベント、オンライ上映チケットが1年間無料になります。

◎参加申込みはこちらからお願いします。Zoomインタビューがありますので、日時を選んでください。
プレビュー参加申込み
募集人数は最大15名を予定しています。

皆様からの応募をお待ちしております。どうぞよろしくお願い致します。



SSF2021 新作短篇受付開始しました!

Index_2020_01_comingsoon_950x450_02_JP_700.jpg

第16回札幌国際短篇映画祭インターナショナル・コンペティションの作品応募受付が、応募サイトSpotrighs(スポッチライツ)で始まりました!映画祭アップデート情報を告知している「FESTIVAL UPDATE」の《SSF2021 作品募集!》をご覧下さい。

応募作品は映画祭応募サイト:Spotrights(スポットライツ)から、応募料支払はパスマーケットからお支払いください。

Read More ≫



SSF2021 応募料チケット販売開始!

第16回 札幌国際短編映画祭の新作短編作品の応募料の応募チケットを販売を開始しました。インターナショナル・コンペティションの国内制作応募作品は事前に応募料の支払を済ませてください。作品の登録・応募は2月15日より応募受付サイト:Spotrights.jp(スポットライツ)から受付けます。

■国内作品:日本制作作品
作品登録・応募受付サイト:Spotrights.jp
応募期間:2月15日(月)〜5月9日(日)
応募対象作品:完成年月日:2020年1月1日以降に完成した作品
日本国内制作の作品はスポットライツから応募してください。FilmFreewayから応募すると監督名など日本語表記ではないので作品情報不足になってしまい、オフィシャルセレクションのお知らせも遅れてしまいます。
*日本在住者で海外制作作品:特に韓国、台湾の作品を国内から応募代行する場合でも、FilmFreewayを使用して応募してください。

【作品部門】
早期申し込み 2月15日(月)〜3月7日(日)
・応募料:1,000円 学生作品は無料

レギュラーエントリー:3月8日(月)〜4月18日(日)
・応募料:2,000円 学生作品:1,000円

レイトエントリー:4月19日(月)〜5月9日(日)
・応募料:3,500円 学生作品:2,000円


■ジャパン・プレミア・エントリー:日本制作作品
作品登録・応募受付サイト:Spotrights.jp
応募受付期間:5月1日(土)〜7月10日(土)
応募対象作品・完成年月:日本国内制作の作品。2021年以降に完成もしくは完成予定で、国内初上映を札幌国際短編映画祭とするものです。応募作品はインターナショナルコンペティションの対象作品となります。

【作品部門:ジャパンプレミア・エントリー】
5月1日(土)〜7月10日(土)
・応募料:2,000円(学生作品も同額)

■海外作品:海外制作作品
海外制作作品はFilmFreewayから応募してください。日本国内制作の作品はスポットライツから応募する事が推奨されます。
応募受付サイト:FilmFreway.com
https://filmfreeway.com/Sapporoshortfest
応募受付期間:2月8日(月)〜5月2日(月)


submissionticket_700.jpg

第16回 札幌国際短編映画祭:インターナショナル・コンペティション応募作品、
応募料:チケット購入ページ(パスマーケット)


■第16回 札幌国際短編映画祭 開催概要
オンラン上映とリアル会場の上映会によるハイブリッド上映を予定しています。
オンライン上映期間:10月中旬〜11月下旬の予定。配信日・期間などの詳細は未定です。
上映会:11月19日(金)〜21日(日)、札幌市民交流プラザ:クリエイティブスタジオを予定しています。




SSF2021 作品募集期間のお知らせ

第16回 札幌国際短編映画祭の新作短編作品の募集期間をお知らせいたします。

■海外作品:海外制作作品
1:応募受付サイト:FilmFreway.com
https://filmfreeway.com/Sapporoshortfest
期間:12週間
日付:2月8日(月)〜5月2日(月)
海外制作作品はFilmFreewayから応募してください。日本国内制作の作品はスポットライツから応募する事が推奨されます。

■国内作品:日本制作作品
2:応募受付サイト:Spotrights.jp
期間:12週間
日付:2月15日(月)〜5月9日(日)
応募対象作品:完成年月日:2020年1月1日以降に完成した作品
日本国内制作の作品はスポットライツから応募してください。FilmFreewayから応募すると監督名など日本語表記ではないので作品情報不足になってしまい、オフィシャルセレクションのお知らせも遅れてしまいます。
*日本在住者で海外制作作品:特に韓国、台湾の作品を国内から応募代行する場合でも、FilmFreewayを使用して応募してください。

■ジャパン・プレミア・エントリー:日本制作作品
3:応募受付サイト:Spotrights.jp
期間:10週間
日付:5月1日(土)〜7月10日(土)
応募対象作品・完成年月:日本国内制作の作品。2021年以降に完成もしくは完成予定で、国内初上映を札幌国際短編映画祭とするものです。応募作品はインターナショナルコンペティションの対象作品となります。

■第16回 札幌国際短編映画祭 開催概要
オンラン上映とリアル会場の上映会によるハイブリッド上映を予定しています。
オンライン上映期間:10月中旬〜11月下旬の予定。配信日・期間などの詳細は未定です。
上映会:11月19日(金)〜21日(日)、札幌市民交流プラザ:クリエイティブスタジオを予定しています。