バックナンバー
spotlights.jp DVD amazon

FESTIVAL UPDATE

映画祭アップデート情報



初音ミク誕生5周年記念 CGMアワード 作品募集

ssf2012_CGMmiku_w700.jpg ENGLISH PAGE


初音ミク誕生5周年記念企画 SAPPOROショートフェストプレゼンツ
CGMアワード開催

自作のコンテンツを動画サイトやブログなどで公開し、自己表現やコミュニケーションを楽しんでいるインターネットユーザーが増えています。これらユーザーによる作品はUGC(ユーザー・ジェネレーテッド・コンテンツ)またはCGM(コンシューマー・ジェネレーテッド・メディア)と呼ばれ、新しいムーブメントが多数発生し、イラストや音楽、動画などのクリエイターも多く生まれてきました。今回はCGMの象徴的存在である初音ミクが誕生してまもなく5周年になることを記念して、 動画師(と呼ばれる動画制作者)にスポットを当てた『SAPPOROショートフェストプレゼンツ CGMアワード』を開催することとなりました。応募作品は世界中から受け付けます。


応募作品から審査を経て、選ばれた作品はSAPPOROショートフェスト2012のプログラムとして映画祭会場にて上映されます。さらに、最優秀賞1名、優秀賞2名を選出します。
SSFは新しいムーブメントと才能を札幌から応援します。

下記の募集要項を良く読んで応募してください。

*8/1:沢山のご応募ありがとうございました。現在は応募を受け付けておりません。

【応募条件】
●『VOCALOID 2 初音ミク』ほかVOCALOIDソフトウエアを使用した映像作品であること
参考URL: VOCALOID2 - キャラクター・ボーカル・シリーズ

●イラストや音楽の著作権の使用条件がクリアされていること。*1
●作品は30分以下であること。
●応募作品のURLを応募時に申請出来ること。
ニコ動、YouTubeに公開済み作品も応募可能です。URLを申請してください。
●解像度1024x768以上のムービーデータを提出可能なこと。
●応募は1名1作品に限定させていただきます。(複数名が監督した場合は応募時に申告可)

【締め切り】
■オンラインの作品エントリー締切:7月10日(火)→7月31日(火)延長します。

【各 賞】
■最優秀賞(1名):
特製賞状、初音ミクをモチーフとしたオリジナルグッズ(関係者の人数分)
副賞1:VESTAX ( ベスタクス ) MIDIコントローラ VCI-100MKII 初音ミクオリジナルバージョン
副賞2:MMD-MIDIプロトコルコンバータ(特製アプリ)

vestax_fukusyo_700.jpg
VESTAX ( ベスタクス ) MIDIコントローラ VCI-100MKII 初音ミクオリジナルバージョン

■優秀賞(2名):
特製賞状、 初音ミクをモチーフとしたオリジナルグッズ(関係者の人数分)

【審査員】
●福岡俊弘
1957年生。89年アスキー入社。92年よりパソコン情報誌『EYE・COM』編集長。97年より『週刊アスキー』編集長。ほかに2つの雑誌の創刊にも携わる。現在、株式会社アスキーメディアワークスCGM編集部部長、週刊アスキー総編集長、デジタルハリウッド大学教授。

●マイケル・アリアス
CGで手書き風の質感表現を可能にした「トゥーンシェーダー」を開発。映画「マトリックス」を題材とした日米合作プロジェクト「アニマトリックス」のプロデューサーを務めるなど、映像ジャンル・国境を越えたボーダーレス・クリエイターとして活躍。2006年、映画「鉄コン筋クリート」で監督デビューを飾る。

●髙橋クニユキ
国境を問わず常に独特の世界観を持ち、世界各国のプロデューサー、DJから高い評価を得ている音楽家。ジャンルレスな音楽形態を持ちながら、日々新しい音楽の形をクリエイトしている。近年はドイツ、ロシア、スウェーデン等でのライブを経て数々の各国アーティストと共作活動を進行中。


*8/1:沢山のご応募ありがとうございました。現在は応募を受け付けておりません。
応募フォームはこちら:CGMアワード応募フォーム
mikuCGM_entry_banner_01.jpg

ENGLISH PAGE / 英語エントリーページ


注)
*1:応募作品に使用されるイラスト、キャラクター原案、音楽、3DCGデータ、ムービーデータ等は、著作権者からの使用許諾を取得または使用条件が提示され、映像素材として使用可能なデータである事が必須となります。また、映画祭では劇場公開の他、映画祭のPRとして提出された素材の一部(2分以内)を使用する事があります。


●協力:クリプトン・フューチャー・メディア(株)
●イラスト協力:CHRIS


Entry log
(*締め切り修正:誤:6/10、正:7/10)
(*追記しました:6/19)
(*募集期間を延長しました。:7/11)
(*各賞副賞、審査員を追加:7/24)