バックナンバー
spotlights.jp DVD amazon

FESTIVAL UPDATE

映画祭アップデート情報



第16回札幌国際短編映画祭 開催概要

第16回札幌国際短編映画祭 開催概要

SSF2021_Poster_550pix.jpg

PDF-Icon_48.jpg 札幌国際短編映画祭:プレスリリース0713 PDF

第16回札幌国際短編映画祭(主催:NoMaps実行委員会)が2021年(令和3年)11月12日(金)より、12月5日(日)までの日程でオンライン上映を中心として、下記の日程で開催を予定しておりますのでご案内致します。なお、今年も特別上映会として3日間、札幌市内の札幌市民交流プラザ クリエイティブスタジオでも上映を予定しております。また、国内外で活躍する映画関係者を中心とした国際審査員3名についてもご案内いたします。


名称:第16回札幌国際短編映画祭
英語:16th Sapporo International Short Film Festival & Market
通称:SAPPOROショートフェスト 2021/SAPPORO SHORT FEST 2021
主催:NoMaps実行委員会

会期:オンライン上映会:2021年10月9日(土)から31日(日)/ 特別上映会:調整中(後日発表予定)
料金:未定

**オンライン開催の日程は、下記の通り変更となりました。
変更前:2021年10月9日(土)〜31日(日)
変更後:2021年11月12日(金)〜12月5日(日)


今年で16回目を迎える『札幌国際短編映画祭』のインターナショナルコンペティションの応募作品数は日本を含む世界105の国と地域から2,960作品(*ジャパンプレミア・エントリー40作品を含む)が応募されました。しかし、コロナウイルスの影響で世界中の映画祭が現在もオンラインで開催しています。札幌国際短編映画祭もオンライン上映とリアル会場での特別上映会を行なう、ハイブリッド開催を予定しています。これまで以上に世界中の映画ファンやオーディエンスとつながり交流する機会の創出など、今年もチャレンジをしていくつもりです。


第16回 札幌国際短編映画祭 ポスタービジュアル

札幌国際短編映画祭では毎年、札幌/北海道在住・出身者のアーティストにビジュアル制作をお願いしています。今年はイラストレーターの大西洋(おおにし よう)さんに制作していただきました。

メインビジュアル:イラストレータ
大西洋(おおにし よう) Yo ONISHI
東京生まれ。東京藝術大学デザイン科卒業。2016年北海道へ移住。2019年より北海道教育大学岩見沢校イラストレーション研究室 准教授。イラストレーターの仕事として書籍装画、雑誌挿絵、キャラクター制作、広告等を手がける。2008年にHBファイルコンペ大賞仲條正義賞、09年同コンペ藤枝リュウジ賞特別賞。17年に第15回TIS公募入選。 2019年よりシㇽキオ・プロジェクトに参加。
http://www.yoonishi.net/


アートディレクター:ポスターデザイン
川尻竜一(かわじり りゅういち) Ryuichi KAWAJIRI
グラフィックデザイナー。1982年北海道留萌生まれ。札幌在住。デザ院株式会社所属。JAGDA新人賞2021、札幌ADC2019グランプリ、GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2019 仲條正義 This one! 選出など。JAGDA会員。札幌ADC会員。愛犬家。

上映プログラム概要(予定)
インターナショナルコンペティション
・インターナショナル・プログラム(海外作品)
・ナショナル・プログラム(国内作品)
・ジャパン・プレミア・プログラム(国内作品)
・ファミリー&チルドレン・プログラム(ファミリー向け)
アウトオブコンペティション
・ジャパンパノラマ・プログラム(国内作品)
・北海道セレクション
・特別上映プログラム
・特別招待上映プログラム、など


国際審査員

札幌国際短篇映画祭では毎年、国内外の業界で活躍する国際審査員を招へいしています。国内のフィルムメーカーの新作短編作品も国際的な視点から評価し、グランプリほか監督賞、ドキュメンタリー賞、アニメーション賞、俳優賞など19の部門賞を選出しています。

Iwai_Shunji_350.jpg

岩井俊二/Shunji IWAI(日本)
映画監督・小説家・音楽家

1963年生まれ。1988年よりドラマやミュージックビデオ、CF等多方面の映像世界で活動を続け、その独特な映像は"岩井美学"と称され注目を浴びる。映画監督・小説家・音楽家など活動は多彩。2018年10月に発表された小説『ラストレター』を原作にした初の中国映画『你好,之華(チィファの手紙)』が同年11月、中国全土で公開。 2020年1月に、同原作の映画『ラストレター』(出演:松たか子/広瀬すず/神木隆之介/福山雅治)を公開。7月、緊急事態宣言中に撮影されたリモート作品『8日で死んだ怪獣の12日の物語』が公開され、9月には『チィファの手紙』が日本で公開。2021年6月に、およそ3年ぶりとなる新作長編小説『零の晩夏』(文藝春秋)が発売さた。


MaryLouBelli_350.jpg

メリー・ルー・ベリー/Mary Lou Belli(アメリカ)
監督

テレビ番組の監督として30年活躍し、エミー賞を2回受賞している。これまでに『NCIS New Orleans』『Black Lightning』『Bull』『Legacies』『Station 19』やディズニーの『The Secret of Sulphur Springs,』など多くの作品を監督している。短編作品『America/アメリカ』では4大陸の14の映画祭で上映され、ハーグの映画祭では最優秀ミニショート賞を受賞。全米監督協会のWomen's Steering 委員会では共同代表を務めている。多くの若い俳優達にABC/Disney, CBS, Sony, HBO Access, AFI's Directing Workshop for Womenなどを通して演技指導をしてきた。これまでに4冊の書籍を出版、2019年夏に『Acting for the Screen』がFocal Pressから出版された。


SteveSpencerBaker_350.jpg

スティーブ・スペンサー・ベイカー/Steve Spencer Baker(イギリス/日本)
作家、アーティスト・マネージャー、プロデューサー

レコーディング・アーティストを40年以上マネージメントしている。これまでに多数のゴールドとプラチナ・アワードを獲得している。イギリスのコレクティブ・クリエイティブ集団 TOMATOのファウンダーで1991年から2004年までマネージング・ディレクターを務める。
これまでに3冊のSF小説『Slabscape: Reset』『Slabscape: Dammit』『Slabscape: Reboot』を発表。リバプールのインディペンデント・ミュージックレーベルで出版社のNero Schwarz Music LimitedのCEOでアイルランドのFastnet 映画祭の審査員も務めている。


第16回 札幌国際短編映画祭 ポスタービジュアル

札幌国際短編映画祭では毎年、札幌/北海道在住・出身者のアーティストにポスターのメインビジュアルの制作を依頼しています。今年は岩見沢市在住のイラストレーター:大西洋(おおにし よう)さんに制作していただきました。

メインビジュアル:イラストレータ

ONISHIi_Yo_300.jpg

大西洋(おおにし よう) Yo ONISHI
東京生まれ。東京藝術大学デザイン科卒業。2016年北海道へ移住。2019年より北海道教育大学岩見沢校イラストレーション研究室 准教授。イラストレーターの仕事として書籍装画、雑誌挿絵、キャラクター制作、広告等を手がける。2008年にHBファイルコンペ大賞仲條正義賞、09年同コンペ藤枝リュウジ賞特別賞。17年に第15回TIS公募入選。 2019年よりシㇽキオ・プロジェクトに参加。
http://www.yoonishi.net/


アートディレクター:ポスターデザイン

KAWAJIRI_Ryuichi_300.jpg

川尻竜一(かわじり りゅういち) Ryuichi KAWAJIRI
グラフィックデザイナー。1982年北海道留萌生まれ。札幌在住。デザ院株式会社所属。JAGDA新人賞2021、札幌ADC2019グランプリ、GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2019 仲條正義 This one! 選出など。JAGDA会員。札幌ADC会員。愛犬家。


■SSF

映画祭のリリースへのお問合せはコンタクトからお願いします。


■ 9月1日修正
《オンライン上映 開催期間》の変更
詳しくはこちらをご覧ください。